集中的検査実施せよ/党都議団が知事に求める

2020年12月2日 

多羅尾副知事に要請文を手渡す(右から)原のり子、白石たみお、藤田りょうこの各都議(日本共産党東京都議団ホームページより)



 日本共産党東京都議団(大山とも子団長、18人)は11月30日、新型コロナウイルスの新規陽性者多発地域、福祉施設・学校の集中的なPCR検査実施や、医療機関に対する財政的支援など総合的対策を行うよう、小池百合子知事宛てに申し入れました。


※申し入れ全文はこちら


申し入れでは、「感染を抑え込むためには軽症・無症状陽性者を早期発見する検査を強化し、陽性者の保護・追跡を行う必要がある」と強調。検査人数に対する陽性者の比率が6%台に上昇する中、広範囲な検査を求めました。

 また、「人の移動を促す政策はただちに中止すべきだ」として、国の「GoToトラベル」事業が停止の判断を都道府県知事に委ねたのは無責任だとして「国に積極的に対応の改善を求める必要がある」と指摘し、都を出発地・目的地とする旅行を除外し、事業者の直接支援を提起しました。

多羅尾光睦副知事は「感染状況は一段と厳しさを増している。総合的に対策を強化するため最大限努力したい」と答えました。


(2020年12月2日付「しんぶん赤旗」より)